適切な方法で忌避剤を使いハクビシン駆除をしよう

ハクビシン駆除を業者に依頼した人たちの感想を紹介 ハクビシン駆除を業者に依頼した人たちの感想を紹介

床下通気口から侵入したハクビシン~自分で追い払ってみる~

ハクビシンが床下や通気口から入ってきた場合は、まずは自分で追い払ってみましょう。

発見をしたらまずは自分で追い払ってみる

床下通気口にハクビシンが入っていくのを見ました。どうしたらいいですか?
まずは自分で追い払ってみましょう。ハクビシンが潜んでいる場所へ、くん煙や木酢液などの忌避剤を設置します。この忌避剤を使用することによって、こちらが何も手を出さずとも勝手にハクビシンが逃げていきます。この忌避剤を使った方法で、ハクビシンを追い払うことはできますが、また戻ってくることがあります。戻ってきてしまう可能性を考えて、追い払った直後にはハクビシンが出入りできそうな場所をすべて塞ぐようにしてください。出入り口さえ塞いでしまえば、ハクビシンが家に侵入してくることはありません。

ハクビシンが嫌がるニオイ

ハクビシンは、日本国内で家屋に与える被害が多いとして有名です。このハクビシンが住宅に侵入してくると、糞尿によって大きな被害を受けることになります。そしてずっと放置しておくと、問題が拡大するのです。ですから、ハクビシンが嫌がるニンニクや、石油系のニオイがするものを使い追い払いましょう。ニンニクは一度潰して、ニオイをひきたたせて使うと効果的です。

市販で手に入れられる薬剤のタイプ

スプレータイプのもの
スプレータイプの忌避剤は、手軽に使えるというポイントが売りです。この忌避剤のスプレーは、虫よけスプレーのような使い方をします。ハクビシンは虫と違い人に寄ってくることはないので、自分に吹きかけてしまわないように注意してください。スプレーをハクビシンが通りそうな場所などに吹きかけると、忌避効果が発揮されます。
固形タイプのもの
固形タイプの忌避剤は、設置して使用します。使い方は、ハクビシンの通り道となっている場所に設置することや、巣がある場所に設置するなどがあります。忌避剤を設置することで、ハクビシンが嫌がり逃げていきます。

自分でもやっても逃げていかない~ハクビシン駆除のプロに依頼~

ハクビシン

家にハクビシンが侵入されると、非常に迷惑です。ですから、早い段階でハクビシン駆除をしてしまいましょう。

業者はハクビシン駆除のプロ

ハクビシンは巣を作ると、巣を守るために意地でもそこから動こうとしなくなります。このことから、忌避剤が効かなくなることがあるのです。一度こうなってしまうと、個人でハクビシン駆除をするのは難しくなります。またハクビシン駆除を行なうためには自治体から許可を受けなければならないため、自由勝手に駆除作業を行なってしまうと処罰を受けてしまう可能性があります。そのためハクビシンの駆除ははじめからプロの業者に任せていたほうが安心です。ハクビシン駆除の専門業者は知識と経験が豊富なので迅速に駆除をするだけでなく、二次被害対策まで行なってくれるのです。

駆除を依頼した人の話

依頼してからハクビシンを見なくなりました(40代/男性)

以前、ハクビシンが床下の通気口から家に侵入してきて、非常に困りました。最初は放おっておけば出ていくと思っていたのですが、中々出ていってくれませんでした。ですから、ハクビシン駆除業者に依頼をして駆除してもらったのです。駆除をした後は、ハクビシンを見かけることもなくなりました。

業者にハクビシン駆除を頼んで良かったです(40代/男性)

ハクビシン駆除をしようと決めた理由は、天井にシミができニオイが漏れてきたからです。ハクビシンが家に入ってきてもあまり気にはならなかったのですが、このニオイだけはさすがにきつかったです。ハクビシン駆除をしてもらった時に掃除や消毒もしてもらったので、今は部屋が臭いということはなくなりました。快適に生活を送ることができているので、業者に駆除を依頼して本当に良かったです。

TOPボタン