ハクビシン駆除をしようとして素手で触らないように気をつけよう

ハクビシン駆除を業者に依頼した人たちの感想を紹介 ハクビシン駆除を業者に依頼した人たちの感想を紹介

ハクビシンを傷付けちゃダメ!~業者に任せた方が安全~

点検

床下の通気口などにある小さな隙間からハクビシンが侵入してくることがあります。もし、ハクビシンを発見したら、自分で駆除をしようと考えないようにしましょう。ハクビシン駆除はできるだけ業者に任せた方が安全です。

床下通気口の中にハクビシンが居ても素手で触っちゃダメ

ハクビシンは、可愛い外見とは裏腹に強い攻撃性を持っています。ですから、人相手でも容赦なく噛み付いてくるのです。また、口内には多くの病原菌が存在しています。つまり一度噛まれてしまうと、何らかの病気が感染してしまうのです。場合によっては、深刻な健康被害を受けることもあるので、直接手で触らないように注意しましょう。

害獣だからといって捕獲は禁止

床下通気口からハクビシンが侵入しているようです。捕獲を考えていますが、何か良い方法はありますか?
自分で捕獲しようと考えるよりも、ハクビシン駆除業者に依頼をするようにした方が良いです。なぜなら、ハクビシンは役所などの許可なく捕獲することができないからです。また、理由はそれだけではありません。もし、許可をもらったとしても、素人がハクビシンを捕獲することは禁止されています。ハクビシンを罠にはめることができるのは、狩猟資格を持った人だけとされています。しかし、多くの人はこの狩猟資格を持っていません。よって、罠を使う以外の方法でハクビシン駆除をしなければならないのです。罠を使う方法以外での駆除方法といえば、手掴みや追いかけ回して追い出すなどがあります。ところが、この方法のどちらも多くのデメリットがあるので、やりたいと思う人はそうそういないのです。

プロに駆除は任せる

ハクビシンを許可もなく、捕獲することや傷つけることは法律で禁止されています。もし、許可もなく、捕獲してしまうと、法律で罰せられてしまうので注意しましょう。個人でハクビシン駆除をするのは利口とはいえないので、できるだけハクビシン駆除業者に任せるようにしてください。

TOPボタン