ハクビシン駆除後にやっておきたい対策について

ハクビシン駆除を業者に依頼した人たちの感想を紹介 ハクビシン駆除を業者に依頼した人たちの感想を紹介

ハクビシン駆除後の床下通気口侵入対策

男性作業員

ハクビシンはちょっとの隙間さえあれば、すぐに侵入してきます。ですので、床下の通気口にある隙間からでも強引に侵入してくるのです。場合によっては、障害物を破壊して入ってくることもあります。ここでは、ハクビシン駆除後に行なう対策方法などを紹介していきます。

ハクビシンが裏庭の倉庫に戻って来ないようにするには?

ハクビシンを追い出したんですけど、その後にしておきたい事ってありますか?
ハクビシン駆除後は、侵入させないための対策をすることは大事なことです。ハクビシンは運動能力が高いです。特に木登りが得意で、木の上に簡単に登ってしまうのです。そのことから、倉庫の隣に木がある場合は気をつけた方が良いでしょう。理由は木の上から、倉庫に侵入してくることがあるからです。木の枝を綱渡りして、建物の上部に飛び移り空いている隙間から侵入してきます。そうさせないためには、木の枝を短くしておく必要があるのです。枝を短くして対策することで、上からの侵入ルートを潰せます。後は、倉庫に隙間がないかチェックしておきましょう。隙間があれば塞いでください。また、倉庫周辺を綺麗にし、寄せ付けない環境作りをすると良いです。

DIYで床下通気口の侵入対策

ハクビシンの侵入を防ぐためには、個人で対策をしておくことも大事です。個人でできる対策といえば、網を使ったものがあります。網を使えばハクビシンの侵入ルートを塞ぐことができます。ハクビシンは頭一つ入る隙間があれば、その隙間を通り抜けることができるといわれています。ですから、目の細かい網が侵入対策として使えるのです。対策で使う網は、ホームセンターなどで販売されています。もしくは、ネットから取り寄せることも可能です。網が用意できたら取り付ける準備をしましょう。網の他にも、網をカットするためのハサミやテープ、紐なども用意しておくと良いです。床下へ繋がる通気口のサイズに合わせて網を切り、紐やテープを使い貼り付けることができれば、ハクビシンの侵入ルートがなくなります。

TOPボタン